指導者紹介

岡村裕一(会長)

合気道鍊身会 四段 (合気道歴31年)
 
私たちの道場では特に基本姿勢、基本動作を重視して稽古しています。
技の形をいくら熱心に稽古しても、この基本をおろそかにしていますと
先行き必ず大きな壁に突き当たってしまいます。
逆に、そのような時は素直な気持ちになって基本動作を稽古しますと
“ああ、そうだったのか、今まではこの動きに問題があったのか”と気付
かされることがよくあります。
長年指導してきて、あらためて基本の大切さを感じます。
また、当道場では定期的に千田先生から直接ご指導いただき、本部
道場の精神を踏襲するよう常に努めております。
合気道で汗を流した後は、とても清々しい気持ちになります。
ぜひ一度体験入会してみてください。
分からない点がありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

小室仲男(顧問)

合気道鍊身会 五段 (合気道歴35年)
 
合気道の魅力はなんといってもその奥の深さではないでしょうか。
最初のうちは新しい技を覚え、仕手と受けとで交互に投げ、投げられで
十分楽しいのですが、そのうち、人間の骨格の仕組み、力の流れなど、
いわゆる「理合」が分かってくると益々興味がわき、面白くなってきます。
自分より体格が勝る相手であっても、無心にすっと力を抜いて技をかけ
た途端、腰から力なく崩れてしまう。このような驚きの瞬間が誰にでも
訪れます。
しかし、これが次も同様にできるかというとまたうまくいかなかったり、、。
合気道を長年続けてきてもこれでよしということはなく、常に研究してい
かなくてはなりません。また、それが楽しみでもあります。
多くの方にこの魅力をぜひ体験していただきたいと思います。